高学歴を捨てた社会不適合者の思考回路

某国立大学を卒業するもフリーターしながらやりたいことに全力出してる社会不適合者の思考を発信してます

さて、どうしたものか。

色々と立ち止まって怯えてしまう日々が続いている。

 

続いているといってもまだ3日目くらいだが。

 

やりたいことはある。ありすぎて、何からやっていけばいいのかわからない。

 

仕事関係のこともそうだし、趣味のこともそうだ。全てやってみたいから、1つのことで成長が止まったり、うまくいかなかったりするとすこく焦る。このままじゃ、間に合わない。やりたいことは、全部上手くなりたい。トップ層にいきたい。でもやりたいことが多すぎて、まだ全てが広く、浅くの現状。

 

自分のやりたいことから目を背けずに全部やってみると決めたのは、20歳を過ぎた頃だ。

 

大学に入るまで、自分はやりたいことに本気で向き合えなかった。どうせセンスがないし、普通に生きていくしかないのだと、まだ何もやったこともないのに何故かそう思い込んでいた。生まれつきの性格なのか、教育の賜物なのか、原因は分からない。

しかし、大学で出会ったあるものに、自分は今まで経験したことがないほど夢中になることができた。

 

それがきっかけだった。

 

親に無断で休学し、少し興味のあった映像のことを独学で勉強したりもした。進学を決めるとき、誰にも言っていなかったのだが映像の専門学校に興味を惹かれていたのだ。でも当時は、映像作る人なんてみんなセンスの塊で、実力がないやつは生きていけない、自分は普通に勉強して、普通に就職するしかないんだと、そう思ってしまった。それが心のどこかでずっと引っかかっていたから、思い切って取り除いてみたのだ。

映像製作会社でバイトもしてみた。働いてみて分かったのだが、映像を作る人がみんなセンスの塊だなんて、そんなことはなかった。他のバイト仲間には、とくに能力もなく、勉強すらできくてなんとなく映像の専門学校に入っているような人もいた。カメラも編集も下手くそばかりだ。ブライダル関係の製作会社だったのだか、結婚に浮かれている新郎新婦をカモにしてクオリティの低い動画を作り続ける環境に嫌気がさして今はフェードアウトしている。

 

映像は、自分が作りたいものを気がすむまで作り込むのな楽しいのだなと気がついた。今は仕事にするとしたら何がしっくりくるかを、興味のあることの中から探している。

 

だが、それもいつまでも探しているままではいられない。これだと言うものを見つけ、動き出さなければならない。最近、一応動き出してはいるのだが、あまり時間が取れていない。

 

時間が取れていない理由は、趣味だ。趣味、といってもいわゆる気分をリフレッシュさせるというような趣味ではなく、優先順位的には仕事より上にくるかもしれない。それほど真剣に向き合いたいものだ。1つは、大学で出会ったもの。そしてもう1つが、大学4回生で始めたものだ。どちらも身体表現をするもの。人として自分の肉体で何ができるのか、ということを追求することに、私は深い生き甲斐を感じるようになった。

 

だがこの趣味の方も今、伸び悩んでいる。時間も多くは取れない。原因は、仕事関係。仕事と表現はしたが、バイトと、先ほど話していた自分のやりたいことを仕事にするために動いていることだ。

 

以下、「仕事」というのは仕事のことではないです。フリーターなので。笑

 

趣味も、仕事も、何をどこからどうしていけばいいのか分からなくなってきた。時間がたっぷりあればしらみつぶしに全てトライすればいいのだが…。どちらも譲れず、お互いがお互いの時間を奪い合っている。

 

大学を卒業した時は、これからやりたいこと全部一気にがんばってやろうと意気込んでいたのだか、早くもキャパオーバーだ。

 

優先順位を明確にするしかないのかもしれない。

 

自分が何を一番やりたいのか。最も早く上達すべきものと、余裕をもった長期的な成長で大丈夫なものを分けなければならない。

 

うーん。

 

体が若い今の内にしかできない趣味の方の優先順位をあげてみようか。

その他は心に余裕をもって取り組んでみよう。

Thank you for visiting my blog.