高学歴を捨てた社会不適合者の思考回路

某国立大学を卒業するもフリーターしながらやりたいことに全力出してる社会不適合者の思考を発信してます

三大欲求に性欲が入ってるのはどう考えてもおかしくない?

睡眠

わかる。寝ないと生活できない。生まれた時からみんな寝るのが大好き。

 

食欲

わかる。食わねば死ぬ。生まれた時から必死に腹を満たしてきた。

 

この通り、睡眠欲と食欲は、生命活動に直結する。もはや欲望というより神に与えられた強制イベントであり、このイベントはこの世に生を受けたその瞬間から発生する。

 

しかし性欲は?

別に死にはしないでしょう。生命活動に影響を与えるものでもないし、自制することが可能。それになにより、生まれた瞬間にはそんな欲望はない。

性欲がなければ子孫を残せなくなるという点では、確かに人間にとって必要不可欠な欲求ではある。生まれた時には発生しないが、DNAには確かに埋め込まれている。

 

しかしながら、睡眠欲、食欲と同カテゴリにするのは、個人的に全く腑に落ちない…。

別に、だからどうってこともなく、正直な話どうでもいいんだけど。

 

 

ただ、何年か前から「おかしいよなぁ」とだけ思っている。

 

ニ大欲求というより三大欲求の方がいい感じだから無理やり3つにしたかったとか、そんな感じなのか…?

三種の神器的な。

 

はたまた、これまでの長い歴史の中での男女の立場を踏まえると、

男側が欲求を抑えられないことの言い訳にできるように、暗黙の了解的に何か大きな力が働いたのか。

 

うーん。

 

1つ思うのは、もしどうしても3つが良かったのなら性欲じゃなくて良かったんじゃないか。

"愛されたいという欲求"の方がしっくりくる。

睡眠欲、食欲、愛されたい欲求、では語呂が微妙なのでその辺は学者様たちの手でいい感じに整えてもらうとして。

 

他者に愛を求めるというのは人間の本質的な、そして至極真っ当な欲求だと思う。

睡眠欲や食欲と同じくらいの。

この欲求は生まれた時からある。赤ちゃんの行動は親に愛されたいがためにかわいく感じるようになってるとかなんとかって、学校でも習った気がする。手に指を持っていくとギュッと握ってくる行動とか。

 

ただ、誰からも愛されなければ死に直結するかどうか、という問題に関しては考え方に個人差がありそうだ。

 

個人的には、死に直結するとは思う。

 

なんか、どうでもいいくせに哲学的な話になってきたので、この辺にしときましょうか。

 

みなさんはこんなどうでもいいことに疑問に持ったこと、ないですかね?笑

Thank you for visiting my blog.